RPA & Low Code

エクセルの連携もしくは、紙手書きから、エクセルに打ち直し、印刷し、もしくは、メール添付で他部門へ。他部門は、必要な情報をさらに自部門のエクセルに打ち直し入力。などなど、せっかくネットワーク、デジタル化されているのに、もったいないですね。しかし、現実この状況から、どうしたいのか、目的目標設定がまずは、明確化が必要です。いかにお金をかけずに、人的リソースと時間のムダを削減できるかが課題、目標は数値化すべきですね。かといって、すべての既存のシステムを一気に切り替えるのはリスクも大きいし、お金、時間もかかります。また、ITベンダーに開発委託することになり、ほぼほぼ、中身はブラックボックスになります。いい点は、要求仕様・要件をしっかりまとめておけば、大きくぶれたものはできないと思います。そこで、スモールスタートと人材育成し将来自社で継続的に改善していくことを狙って、無償のRPAを導入検討及び、クラウドベースのLowCodeをぜひ検討することをお勧めします。とはいえ、最初から導入するにしても人材がいないという企業様には、最初のサンプルを作成依頼し、徐々に現場の方に導入検討スキルのアップを行うのが良いかと思います。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示