検索
  • Kagemaru

目的、目標、効果、戦略立案

ビジョンを具体的に関係者と共有するためのツールとして、中期戦略を毎年立案見直ししていくことは、有効と思います。技術戦略、事業戦略ですね。背景、目的、具体的な目標、期待する効果、投資、差別化、参入障壁を含め勝ち残るための施策におとしこむ。もうすでに、少子高齢化は進んでおり、今のままの製造業は、発展途上国に代替され、人も集まらなくなると思います。製造業も発展途上国に対して差別化でき、参入が困難なコアコンピタンスを確立していく必要がある。とわいえ、イノベーションのディレンマにあるように破壊的なイノベーションにとってかわられることもある。今後AIが広く普及していくことを仮説とすると、製造業においても有効なデーターを、どれだけ確保できているかは、差別化ポイントとなると思います。有効なデーターとAI活用により、エンドユーザーに付加価値を提供できるようにすることが、勝ち残り続ける一つの戦略施策かとおもいます。今年も、中小企業様に向けて上記の視点で支援を続けていきます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

©2019 by Omni-Sight.