top of page
  • kamemaru

ものづくり企業のIT新規ビジネスサービス構築のハードル




モノづくり製造業がITサービスを提供するには、社内文化、開発フロー、品質評価基準、保守体制などなど、全く異なる視点で体制などを構築し、ステークホルダーとの連携、かつ、自社のハードウエアーとの連携が想定される場合は、ハードウエアーとの統合テスト、日程管理など、双方が連携して開発評価を進める必要がありますが、これが、zero to One の場合は、なかなか厳しいものがあります。一度立ち上がってしまえば、差分開発などで進めることは比較的容易ですが、Zero to Oneは、すべてが新しい。すでにハードだけの物売りから、ことも含めたサービスの提供はあたりまえになっており、今後このようなケースも増えてくるかと思います。その場合も、弊社にお問い合わせください。もしかすると、役立つ支援を提供できるかもしれません。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page